2007年6月7日木曜日

伝説の店 - WEATHER REPORT



過去ブログ(MIND CRUISING)からの再掲


カフェやレストランというのは、単に食事や会話を楽しむというだけでなく、ときにはその存在そのものが、精神的な拠り所であったり、ファッションになることもある。
だからスタイルは大事だろうし、ロケーション(場所)はもっと大事かも知れない。
最近では、味も良くなければだめなようで...

80年代~90年代、神戸の須磨海岸と舞子浜の間(垂水あたり)の海沿いに、オープンテラスでシーフードを食べさせる店として注目を浴びていた「ウェザーリポート」というお店があった。
雑誌に紹介されたり、映画のロケにも使われ、いわゆるデートスポットというか、関西の若者の間ではオシャレ心を刺激する象徴的なお店となっていた。
しょっちゅう通っていたフリークも多かったと思うが、たまにしか行かない人にとっても、その存在の「象徴性」は、他の店とは違う独特のものがあったに違いない。


残念ながら、絶好のロケーションに問題がおきてしまい(海岸の埋め立て)、理由はそれだけではなかったのかも知れないが、やがて店は無くなってしまった。


あれからずいぶん時が経ってしまったが、今でもたまにWebでウェザーリポートのことをコメントされているのを目にすることがある。
「伝説」と言えるかどうかはよく分からないが、同じ時期を過ごしたローカルの人なら、「あったね~」と、その頃の生活や友達や恋人のことを、きっと思い出すんじゃないかと思う。

1987年頃にあった、駐車場脇の看板。
おそらくこれは最初のロケーションで、駐車場の東側に建物があったころのものでしょう。私が見た映画「べっぴんの町」(柴田恭兵主演)では、この頃にロケがされたと思われます。

1992年頃のデッキ部分を見た様子。パラソルがはためいています。
もうこの時点では、駐車場の西側に建物が移っていたのでしょうか?勘違いだったらごめんなさい。

1999年の建物の一部。
最初の建物が無くなって、駐車場の西側に建て直されたものです。おそらく。